サイト更新日:2018年06月23日

抜け毛や育毛のこと、共有しませんか?

発毛メカニズムとヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクル(毛周期)の解説

発毛から脱毛するまでの一連の流れは「ヘアサイクル」又は「毛周期」と呼ばれています。
発毛のメガニズムは毛乳頭細胞とはページの『発毛と育毛の仕組みと毛乳頭細胞の関係』の項で述べている通りです。

毛乳頭細胞の活性化、健康的な頭皮環境等の条件が揃うとヘアサイクルは正常に整い、発毛から脱毛までの期間はおよそ7年を要すと言われています。
当然個人差があり、年齢を重ねるにつれてこの期間は短くなります。
加齢によって抜け毛が増える「壮年性脱毛症」は、このヘアサイクルの期間が短くなるためだと言われています。

育毛とはヘアサイクルを整えること

育毛剤を使い始めると、「産毛は生えてきたが成長しないで抜けてしまう」という現象が多く起こります。育毛剤の効果が無いのでは?と焦って育毛剤の使用を止めたり、違う育毛剤に変える方が多いですが、毛が成長しない、あるいは抜けてしまう理由は、上図の「成長期」の期間が極端に短いだけです。

使っている育毛剤の品質にもよりけりですが、頭皮環境を悪くせず、毛乳頭細胞を不活性化させない育毛剤であれば、使用を止めずに根気良くケアを続けてみてください。

頭皮環境が整ってくると正常なヘアサイクルへ導かれ、毛は自ずと育つようになります。何度も脱毛と発毛を繰り返し、徐々に丈夫な育毛ができるようになりますので、育毛はヘアサイクルが整うのを待ち、“焦らずコツコツ”とが大切です。